1. 美容

    2016/8/26




    Two NotesのTORPEDO Live(トーピド・ライブ)は、フランス生まれのデジタル・ロードボックスです。多くのミュージシャンはアナログのアンプやエフェクターでプレイするのが大好きで、妥協してデジタルのモデリングとかでプレイしたくないですよね?そういう人たちに代わり、TORPEDO Liveでは、複雑な反響を考えなければいけないマイキングをバーチャルで行い、いままでのシミュレーターでは得られない本物のサウンドを生み出します。ミュージシャンは、スピーカーを繋ぐ代わりに本機を繋ぐだけ。アンプはいつものセッティングでOK。お気に入りのエフェクト・ペダルもそのまま使えます。
    本機のLINEやS/PDIFアウトからは、まるで本物のスタジオで録った様なサウンドを出力します。アンプから大きな音を出さずにすみ、大きくて重たいキャビネットを準備する必要もありません。
    勿論、Liveの名が表すようにライブでも活躍します。ステージで使う場合は本機にスピーカー・キャビネット繋げられます。こうすれば、キャビネットから音を出しつつ、マイクで録ったようなサウンドをミキサーやレコーダーに送れます。
    更に、アンプヘッドではなくプリアンプを接続しても使えます。この場合は、スピーカーとマイクに加え、パワーアンプ・シミュレーターも使えます。
    簡単操作
    操作方法はとても簡単です。操作にはボタンとノブを使います。本機のパラメーターは分かりやすくまとまっています。
    TORPEDO Remoteソフト
    TORPEDO Remoteソフトを使えば、本機に新しいキャビネットのインパルス応答(IR)を追加できます。まず、パソコンに、Two NotesのWEBサイトでソフトをダウンロードします。USBで繋げば、パラメーターを変える、キャビネットやインパルス応答(IR)のファイルを適用する、アップデートする等、本機を管理できます。
    ロードボックスとは?
    真空管アンプを使用する時は、電源を入れる前に、スピーカー・キャビネットを繋ぐ必要がありますが、ロードボックスを使ば、スピーカーを繋がなくてもアンプを使えます。
    特長
    45種類のスピーカー・キャビネット
    • 22種のギター用スピーカー・キャビネット(初期設定)
    • 11種のギター用スピーカー・キャビネットを専用ソフトでダウンロード可
    • 10種のベース用スピーカー・キャビネット(初期設定)
    • 2種のベース用スピーカー・キャビネットを専用ソフトでダウンロード可
    8種類のマイク
    8種類のパワーアンプ
    SPキャビネット一覧
    本機に始めから入っているギター・キャビネット
    TORPEDO Remote ソフトでダウンロード出来るギター・キャビネット
    本機に始めから入っているベース・キャビネット
    TORPEDO Remote ソフトでダウンロード出来るベース・キャビネット
    マイク・リスト
    パワーアンプ・リスト
    接続例
    スタジオでの接続例
    アンプヘッドをTorpedo Liveに繋ぎ、そこからパソコンに繋いで録音します。
    ステージで使用する際の接続例
    アンプヘッドをTorpedo Liveに繋ぎ、そこからPAに接続します。
    Torpedo LiveにMIDIコントローラーを繋げば、プリセットやパラメーターの値をリアルタイムに調整できます。
    Torpedo Liveにスピーカー・キャビネットを繋げば、ステージ上で音もモニターできます。
    仕様
    スピーカー入力
    端子: 6.35mm (1/4") アンバランス (TS, Tip/Sleeve)
    最大入力電圧:280 Volts AC (51 dBu)
    セキュリティ・ロード:220 Ohms / 10 Watts
    ライン入力
    端子:6.35mm (1/4") バランス (TRS, Tip/Ring/Sleeve)
    最大入力レベル:36 dBu
    入力インピーダンス:10 KOhms
    ロードボックス
    リアクティブ・ロード、インピーダンス:8 Ohms
    最大許容電力:100 Watts(適切な換気を想定)
    冷却ファン装備
    ハイ・インピーダンス・モード:キャビネットをTHRU 端子に繋いだ時(ロードボックス不使用時)
    スピーカースルー
    端子:6.35mm (1/4") アンバランス (TS)
    ライン出力
    端子:6.35mm (1/4") バランス (TRS)
    インピーダンス:470 Ohms
    最大出力レベル:
    • ロード無し、バランス:16.5 dBu
    • 10k Ohms ロード、バランス:16 dBu
    • ロード無し、アンバランス:11 dBu
    • 10k Ohms ロード、アンバランス:1.5 dBu
    ノイズ
    -94 dBu 以下@20 Hz~20 KHz
    ヘッドホン出力
    MONO out、端子:6.35mm (1/4") (TRS)
    S/PDIF
    サンプリングレート:48 KHz or 96 KHz
    マスターのみ、外部との同期は無し
    ウェット音:左チャンネル、ドライ音:右チャンネル
    ADC
    ゲイン調整ツマミ:- ∞~0dB
    フルスケール最小入力レベル:-2.8 dBu (Line Input)
    サンプリングレート:96 KHz
    解像度:24 bits
    S/N 比:100 dB
    DAC
    サンプリングレート:96 KHz
    解像度:24 bits
    S/N 比:105 dB
    周波数特性(-1dB)
    5~19 KHz
    レイテンシー
    2.875 ms(ライン入力 to ライン出力)
    温度管理
    冷却ファンで温度を調整
    100°C でディスプレイに警告表示、信号を-12 dB 減衰
    110°C でロードボックス機能停止、アンプの出力を220 Ωロードに接続し信号をミュート
    電源
    IEC60320 C14 power connector
    入力電圧:85-264 V AC, 47-63 Hz
    消費電力: 約10 W
    サイズ
    幅: 430mm(483mm:ラック耳含む)
    奥行:163mm(182mm:コネクター&ノブ含む)
    高さ:44mm
    重量:2 kg

    notes / Torpedo Live デジタルロードボックス アンプシミュレーター【お取り寄せ商品】 Two-アンプシミュレーター

  2. 2016/3/18

    美容・健康

    notes / Torpedo Live デジタルロードボックス アンプシミュレーター【お取り寄せ商品】 Two-アンプシミュレーター…

  3. pixta_13756309_M

    2016/4/21

    Gretsch / G6131T-TVP Power Jet Firebird グレッチ【お取り寄せ商品】

    notes / Torpedo Live デジタルロードボックス アンプシミュレーター【お取り寄せ商品】 Two-アンプシミュレーター

notes / Torpedo Live デジタルロードボックス アンプシミュレーター【お取り寄せ商品】 Two-アンプシミュレーター

notes / Torpedo Live デジタルロードボックス アンプシミュレーター【お取り寄せ商品】 Two-アンプシミュレーター

notes / Torpedo Live デジタルロードボックス アンプシミュレーター【お取り寄せ商品】 Two-アンプシミュレーター

notes / Torpedo Live デジタルロードボックス アンプシミュレーター【お取り寄せ商品】 Two-アンプシミュレーター

ピックアップ記事

  1. 日本は大丈夫?水資源の現状

    2016-9-6

    日本は大丈夫?水資源の現状

  2. Jackson / X Series Kelly KEXQ Transparent Black Burst ジャクソン

    2016-9-4

    ミネラルウォーターで美肌を手に入れる!

    人間の身体は成人でおよそ65%が水で構成されているといわれています。水はそれほど人間にとって不可欠な…
ページ上部へ戻る